トピックス
トップページ 業務内容 事業内容 会社概要 事業所一覧

トピックス

赤外線サーモグラフィを使用したコンクリート構造物の
劣化調査


赤外線撮影装置を用いて計測された、コンクリート構造物表面の、赤外線エネルギーの
強度分布を熱画像として表し、コンクリート表面の温度分布に変換して、コンクリートのひ
び割れ・浮き・剥離・空隙、構造物の表面に塗布された塗膜のはく離、水分の影響範囲
などを検出するものです。
弊社は、計測した赤外線画像では判読が困難なコンクリート構造物の欠陥部を、ノイズ
を除去する技術(特許出願中)を開発して、検出を容易にしました。

構造物に非接触で調査ができる特徴を持っています。

【赤外線構造物劣化調査の流れ】
1.計画準備
打ち合わせ、作業計画、使用機材の準備
2.資料収集
地形図、設計から施工時の成果、管理台帳など
3.事前調査
現場状況の把握、撮影位置の決定
4.赤外線調査
現場を赤外線サーモグラフィで調査
5.画像解析
ノイズ消去などで異常部を判読して解析ファイルを作成します
6.報告書作成
調査結果から報告書を作成します
 
         赤外線サーモグラフィ

橋梁床版とコンクリート吹付けのり面を、当社が開発した専用システムで、赤外線画像処理した例です。

【橋梁の赤外線調査画像】


可 視 画 像



赤外線画像


 
橋梁床版ノイズ除去コンター画像




【のり面の赤外線調査画像】


可 視 画 像



晴天日中の赤外線画像


 
低温時の赤外線画像


     
のり面赤外線温度差コンター画像

ライン